ピアノ買取サービスという処分方法は賢い選択

お得にピアノを処分するなら、やっぱりピアノ買取
  • あなたのピアノを待っている人がいます
  • 思い出の音は、新たな出会いの音になる。

Monthly Archive: 9月 2015

買取は沢山の人が得をします

買取った側も得をします

ピアノ買取を行っている業者さんは、お金を払っているだけだと考えている人はいませんか?ピアノ買取を行っている会社も、もちろんビジネスとしてピアノ買取を行っているので、得がなければピアノ買取を行なうことはありません。通常ピアノ買取行ったピアノは中古ピアノとして再び販売されています。なので、ピアノ買取サービスはお客様よりピアノを仕入れていると行っても過言ではありません。ピアノ買取業者さんはピアノを買い取ることで、得をしているのです。

買取って貰った側も得をします

ピアノ買取を行なうときの魅力は、なんといっても現金が手元に来ることです。なので、ピアノ買取を利用する方が得をするというのは皆さんにもわかることだと思います。それに加えて、ピアノを高く買取ってもらう努力をすれば更にピアノ買取の金額アップを狙うことも可能です。ピアノを現金化するのなら、より高い値段でピアノを買い取ってもらった方がいいに決まっていますよね。

更にはこんな人も

先程、ピアノ買取を行ったピアノは中古品として販売されるとお話しましたが、中古品を購入されるお客様も安くていいものを手に入れられるので得をするのです。しかし、ピアノ買取を利用する人がいなければ中古品も市場に出回ることが少なくなるので、中古品を求めている方がピアノを購入さする事が出来ません。なので、使っていないピアノがある方は一度ピアノ買取を利用することを検討されてはいかがでしょうか?

ヤマハとカワイは高級ピアノか否か

高級ピアノメーカーと、それ以外

皆さんはピアノメーカーのメーカー名をいくつご存じですか?
スタインウェイやベヒシュタイン、ベーゼンドルファーといったメーカーは、かなりの高級メーカーです。フラグシップモデルと言える高級機では、2000万円を超えるものも珍しくありません。

一方で、国内でもよく見かけるカワイ、ヤマハ、ボストンなどは、比較的安価なブランドです。もちろん、ヤマハなどはスタインウェイなどの高級ピアノメーカーに並ぶレベルのグランドピアノを販売しており、これらのメーカーが廉価品のみを製造している訳ではありません。

ブランド名が違うだけ

実は、前述したボストンというメーカーは、スタインウェイの廉価品ブランドとして立ち上げられたものです。スタインウェイは幾度か経営危機に直面してきましたが、その結果、高級ピアノだけでは経営が成り立たないということで、廉価品を製造する別名義のメーカーを立ち上げたのが、ボストンというわけです。中国などで人件費と材料費を抑え、それでいてスタインウェイが培った技術力を用いて、高いクオリティで安価なものを販売しています。

廉価品から高級機まで

ヤマハやカワイは、音楽教室、一般家庭、学校、もちろんコンサートでも使用されるピアノメーカーです。
安価な物は数十万円台から、高級機は、やはり海外メーカーの高級機と同様に数千万円クラスがそろっています。高いクオリティを安価に購入できるのがヤマハやカワイの強みで、多くの方が愛用する理由にもなっています。

アップライトピアノと電子ピアノの違い

ピアノ買取を考えている方は、まず、買い取るピアノの種類に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ピアノ買い取りを考えている方で、よくある悩みはピアノ買い取りを「アップライトピアノにしようか、電子ピアノにしようか」です。
このようなピアノ買い取りのご相談が、もっとも多いです。
実際に、アップライトピアノと電子ピアノではどのような違いがあるのでしょうか。同じことで悩まれている方は、ぜひピアノ買い取りの際の参考にしてみてください。
多くのピアノ買取業者では、「アップライトピアノと電子ピアノでは音質的な大きな違いはない」と言われています。むしろ、差異点として取り上げられるのは、「音の響きや大きさ」です。ピアノ買取の際に、試し弾きができればぜひ弾き比べていただきたいのですが、アップライトピアノと比較してグランドピアノは音の響きが大きく、反響します。コンサートや大ホールでの演奏に向いています。
それと比べて電子ピアノは音の響きが小さく、個室やマンションなどの共同生活の場で使っても迷惑ではないよう配慮されています。ピアノ買取で注意してみていただきたいのは、電子ピアノを買い取る際、時間に構わず、練習したい場合は電子ピアノに対応したヘッドフォンを同時に購入してください。それを使えば、時間に関係なくピアノをいつでも自由に使うことができます。
もし、どのように聞こえるか、気になる方はピアノ買い取りの際に実際にヘッドフォンを装着して、弾いてみてください。深い響きは味わえませんが、とてもクリアな音程で弾けます。
さまざまな点でアップライトピアノと電子ピアノについて述べてきましたが、みなさまのピアノ買い取りの一助になれば、幸甚です。