ピアノ買取サービスという処分方法は賢い選択

お得にピアノを処分するなら、やっぱりピアノ買取
  • あなたのピアノを待っている人がいます
  • 思い出の音は、新たな出会いの音になる。

Monthly Archive: 12月 2016

弦の緩みは音に影響します

ピアノの構造
ピアノは鍵盤楽器と言われていますが、構造的には打楽器とも弦楽器とも言えるものです。ピアノは鍵盤を叩くと、それにより弦をハンマーで叩くという構造をしていますが、この弦が、ピアノの音を出す心臓部と言えます。弦を叩いた振動は、響板で増幅されてピアノの外へ出ていき、あのような美しいメロディへと生まれ変わるのです。
このピアノの弦には数トンもの力が掛かってピンと張られているのですが、この弦は年数が経過すると締まったり緩んだりを繰り返します。これはピアノの本体が気温により収縮や防鳥をするのに併せてのことで、よほど温度管理を集中して行わないと、音はどんどん歪んでズレていきます。

温度管理について
ピアノは基本的に高温多湿を嫌う楽器です。木材でできたピアノのフレームは高温多湿環境では膨張します。しかし乾燥していればいいかというとそうではなく、乾燥しすぎれば木材が収縮します。ピアノには頑丈な鋳鉄製のフレームが利用されており、弦はここで支えられているのですが、木材部分が収縮と防鳥を繰り返すと、やはりこれにつられて伸び縮みします。
これを割けるには、一定温度、湿度に保つ必要がありますが、中々一般のご家庭では難しい物です。

早めに売却するのも一つの手
ピアノを長期間そういった環境に放置しておくと、いくらチューニングしても新品の頃のようにはいかなくなるものです。
どうせ売るなら早めのほうがそういったダメージも少ないので査定の時に好印象を与えるかもしれません。