ピアノ買取サービスという処分方法は賢い選択

お得にピアノを処分するなら、やっぱりピアノ買取
  • あなたのピアノを待っている人がいます
  • 思い出の音は、新たな出会いの音になる。

未分類

査定額を上げるためにできること

【ピアノ買取のその前に・・・】
「もう弾かないピアノがある」「新しいピアノが欲しい」そのような時は、古いピアノを買い取ってもらいましょう。ピアノ買取業者に依頼すれば、ピアノの買取はもちろん、面倒な搬出まで依頼することができます。しかし、買取を依頼する前にまずは準備を整えましょう。準備次第では、ピアノの査定額を上げられるかもしれません。難しい作業も必要ないため、出来る限りのことをしておきましょう。

【ピアノを綺麗に】
ピアノを綺麗にしておけば、買取スタッフからの印象も良くなり、査定額もプラスされるかもしれません。大幅なアップは期待できないかもしれませんが、簡単にできますのでお掃除を済ませておきましょう。ただし、ピアノはデリケートな楽器です。使用する布や刷毛、クリーナーなどは、ピアノ専用のものを使うようにしてください。そうしなければ、逆にピアノを傷付けてしまうこともありえます。

【付属品を揃える】
ピアノは本体以外にも、様々な付属品があります。例えばピアノカバーだったり、インシュレーターなどがそれに当たります。特に後から付け足したものよりも、最初からピアノについていたものは必ず揃えるようにしておきましょう。
他にも、免許証のような身分証明書の準備や、ピアノの設置場所なども伝えておくようにしましょう。そうすることで、ピアノ買取はよりスムーズになります。ピアノ調律のような高度な作業は素人の方ができることではありませんので、できることから始めていきましょう。

ピアノを手放すタイミング

使わなくなったピアノ

ピアノ買取は使わなくなったピアノを買い取ることが多いですが、中々査定に出せないピアノもあると思います。
ピアノは手放すタイミングが難しい楽器なのです。
その理由は、また弾く機会があるかもしれない、運び出すのが難しいなど色々です。
しかし、いつまでも放置していると、ピアノを買取に出すとき損をしてしまうこともあります。

傷んだピアノは価値が下がる

ピアノを長期間放置していると使っていなくても傷んでしまうことがります。ピアノは保管条件が非常に重要で、湿度や温度の管理もしておかなければ弦などが傷んでしまうのです。
傷んだピアノは中古ピアノとして販売するための修理費用が高くなりますので、その分ピアノ買取金額も下がってしまうというわけなのです。
このことから、ピアノ買取の利用を検討している場合は早めに決断したほうがいいと言えますが、どのタイミングで買取に出すかは中々決めることができません。

ピアノ買取を利用するタイミング

ピアノを買取に出そうと思っても、中々出すことが出来ない方は、何かのタイミングと合わせて出してしまうのがおすすめです。例えば、引っ越しをするタイミング、リフォームをするタイミング、子供が家から出るタイミングなどが挙げられます。
特に、引っ越しやリフォームをする時には費用がかかりますので、ピアノ買取でもらった現金をそちらの費用に充てることが出来ます。
ピアノ買取のタイミングにお悩みの方は上記のようなタイミングに合わせてピアノ買取を利用するのがおすすめです。

弦の緩みは音に影響します

ピアノの構造
ピアノは鍵盤楽器と言われていますが、構造的には打楽器とも弦楽器とも言えるものです。ピアノは鍵盤を叩くと、それにより弦をハンマーで叩くという構造をしていますが、この弦が、ピアノの音を出す心臓部と言えます。弦を叩いた振動は、響板で増幅されてピアノの外へ出ていき、あのような美しいメロディへと生まれ変わるのです。
このピアノの弦には数トンもの力が掛かってピンと張られているのですが、この弦は年数が経過すると締まったり緩んだりを繰り返します。これはピアノの本体が気温により収縮や防鳥をするのに併せてのことで、よほど温度管理を集中して行わないと、音はどんどん歪んでズレていきます。

温度管理について
ピアノは基本的に高温多湿を嫌う楽器です。木材でできたピアノのフレームは高温多湿環境では膨張します。しかし乾燥していればいいかというとそうではなく、乾燥しすぎれば木材が収縮します。ピアノには頑丈な鋳鉄製のフレームが利用されており、弦はここで支えられているのですが、木材部分が収縮と防鳥を繰り返すと、やはりこれにつられて伸び縮みします。
これを割けるには、一定温度、湿度に保つ必要がありますが、中々一般のご家庭では難しい物です。

早めに売却するのも一つの手
ピアノを長期間そういった環境に放置しておくと、いくらチューニングしても新品の頃のようにはいかなくなるものです。
どうせ売るなら早めのほうがそういったダメージも少ないので査定の時に好印象を与えるかもしれません。

定期的なメンテナンスを心掛けましょう

・チューニング
使わなくなったピアノを少しでも高額で買い取ってもらうには、大前提として状態のいいものであることが上げられます。ピアノ買取業者もピアノの状態を確認して、使い物にならないようなピアノは買取りたくないはずです。なので、使わなくなったても普段から定期的なメンテナンスが必要なのです。ピアノは使っていても、使っていなくても経年とともに音が変化していきます。それは内部に張られた弦が緩んでいくことで音の響き方が変わっていくことが原因です。しかし、定期的にチューニングすることで、きれいな音を維持することが出来ます。さらに、定期的なチューニングはピアノの状態を確認することにもつながるのです。

・状態確認
ピアノのチューニングをすると必ずフタを開けることになります。その際に、内部の部品に異常がないかの確認も同時にすることが出来ます。いくらチューニングをしっかりやっても、内部の部品に破損があれば、音が狂ってしまう原因になるのです。ピアノの異常に気づけば、そこで対処出来ます。そうすることでピアノ買取業者の印象も良くなります。

・害虫対策
ピアノにも害虫が発生するのをご存知でしょうか。「ヒメカツオブシムシ」といい、餌になるホコリを求めてピアノの内部に侵入します。その後ピアノの鍵盤裏や弦の響きを止める装置に使用されている、フェルトを食べてしまいます。フェルトがなくなると、音が響きっぱなしになってしまい、ピアノの演奏に支障をきたします。ピアノ買取の際にまともな演奏ができない状態であれば、当然買取価格も下がってしまいます。そうならないためにも、定期的なメンテナンスを行い、ピアノ内部の掃除をすることで害虫の発生を防ぎましょう。

ピアノが売れなくなってしまう場合にご注意ください

【眠っているピアノはありませんか?】
もしも使わなくなってしまったピアノがありましたら、ピアノ買い取りを依頼してみると良いでしょう。日本には、実に1,000万台以上のピアノが流通しているといわれています。しかし、そのうちの7割近くが使われなくなり、静かに眠っているのです。このようなピアノを「休眠ピアノ」と呼びますが、ピアノ買い取りによって休眠ピアノが再び演奏されるようになります。と言うのも、買い取りされたピアノは清掃や部品交換などを行い、中古ピアノとして再び流通するからです。それらは日本国内ではもちろん、国外にも流通される事があります。ピアノ買い取りはピアノがお金に替わるだけでなく、ピアノの有効活用にもつながります。休眠ピアノがありましたら、ピアノ買い取りを依頼してみてはいかがでしょうか。

【買い取られないピアノとは?】
しかし、全てのピアノが買い取り対象になるわけではありません。以下のような場合、買い取りされないケースもあるのです。

・大きく故障している
多少の故障なら、調律によって復活させることはできます。しかし、あまりにも傷みが酷い場合は調律でも元に戻せない事があります。全く音が出なかったり、鍵盤が動かないようになってしまいましたら、ピアノ買い取りは厳しくなるでしょう。

・大きな傷がある場合
多少の傷なら補修可能ですが、大きな傷や虫食いなどがあった場合、査定額は大きく下がります。時には、値段がつかないことがあります。

・ピアノが古すぎる
ピアノはお手入れすれば何十年と使用する事も可能ですので、ピアノ買い取りで年数の経ったものは珍しくありません。しかし、それでも何十年も経ちますと査定額は落ちていきます。ビンテージ品やブランド品でなければ、古いということはメリットにはならないでしょう。

【ピアノは大切に扱ってください】
ピアノは正しく扱えば、前述のような傷みを少なくする事ができます。つまり、査定額が高くなりやすいのです。もちろん、使用している間も綺麗な音色で演奏する事ができるでしょう。ピアノを普段からメンテナンスし、時には調律を依頼することは、ピアノにとって必要不可欠なのです。ピアノをお使いの方も、お家に眠らせている方も、そのお手入れを忘れないようにしてください。

私のピアノが害虫に!

ピアノはお持ちですか?

ピアノほど、日常生活でおなじみの楽器と言っても過言ではないでしょう。例えば、お昼で散歩をしている時、どこからかピアノの音色が聴こえてくることがありますね。近くに公園があれば、ベンチに座って、ピアノの音色を聴きながら読書するというのも、なかなか一興と言えるでしょう。中には、そのままお昼寝してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?ですが、そんな美しいピアノも買い取りとして泣く泣く手放さざるをえないこともあります。

害虫によるピアノの被害

意外や意外、実はピアノは害虫による被害を受けることがあるのです。害虫と言っても色んな種類がいるのですが、「ヒメマルカツオブシムシ」という害虫がピアノを襲うということは覚えておくと良いでしょう。「それがピアノの買い取りとどう関係あるの?」と疑問に思う方はいると思いますが、まぁ、お聞きください。このヒメマルカツオブシムシですが、ピアノの内部にあるフェルト部分を食べることで知られているのです。フェルト部分はピアノの音色を調整するためにとても重要な物。これがなければ、ピアノの音がずっと鳴りっぱなしという状態が起きてしまい、ご近所から「うるさいぞ!」とクレームを寄せられることは時間の問題となってしまうのです。

ピアノを守るために「ピアノを買い取り」

「だから、それが何故ピアノの買い取りにつながるのさ?」ともどかしい気持ちになるでしょうが、もう少しお聞きください。ピアノの買い取りは基本的に「もうピアノを使わなくなったから」「新しいピアノに換えたくなったから」という理由があるのですが、「ピアノが被害を受ける前にピアノの買い取りサービスを利用したい」という理由もあります。「ピアノは全く使わないけど、だからと言って、ピアノが害虫の犠牲になるのはイヤ!」こういう理由でピアノの買い取りサービスを利用されるケースは珍しくないのです。ピアノの買い取りサービスに対応した業者はたくさんいます。他の方で、少しでもピアノの買い取りサービスの利用を検討されているなら、早めにピアノの買い取りサービスを利用するようにしましょう。

購入時から考えておきましょう

【ピアノ買取の査定をより良くするために】
将来的にピアノ買取を考えている、という方も多いかと思います。子どもが大きくなるまで、引っ越しをする予定がある、そんな場合にはピアノ買取を行う必要がでてくるでしょう。ピアノ買取価格を向上するためには、日ごろのお手入れから気を付けることが重要になります。もちろん、ピアノのお手入れをすることで弾いた時の音色も綺麗になりますので、お手入れは使用時・販売時に役立つ一石二鳥の手段になるのです。

【ピアノの配置場所を選ぶ】
まずはピアノの配置場所から考えていきましょう。ピアノ買取価格を左右する項目のひとつが、ピアノ本体の状態になります。具体的にはカビやヒビ割れ、裂けなどが挙げられます。そのため、ピアノ買取のために最も重要な点は保存をする部屋になるのです。カビ防止のために日当たりの良い部屋を、そしてヒビ割れや裂けを防ぐために部屋の中でも日陰側を選ぶと良いでしょう。また、ピアノ買取の際に、ピアノの裏側や下側などの、見えない場所のカビが発覚する場合も多くあります。ピアノストップなどでピアノの下側に隙間をつくり、壁から少し離れた場所に設置をすると良いでしょう。

【定期的に調律をする】
ピアノには多数の弦が張られています。弦の状態によってピアノ買取価格が左右されるだけでなく、負荷によってピアノが曲がってしまい、ピアノ買取ができない状態になってしまう恐れもあります。ピアノ調律はピアノの音色を調節するだけでなく、数トンもの力が加わるピアノのバランスを良くする手段でもあるのです。ピアノの弾手がおらず、調律をおろそかにしてしまうと、ピアノ買取の際に値段として表れてしまうことがあるでしょう。

【定期的なお手入れ、早めの売却】
ピアノのお手入れが面倒、という方は早めにピアノ買取に出してみてはいかがでしょうか。ピアノは手入れを怠ってしまうと音色や状態が落ちてしまい、思うような査定がつかなくなる場合があります。設置の場所を選び、定期的にメンテナンスを行い、弾かなくなったら早めに売却する。ピアノ買取のためにはピアノ購入の時点から考えておくことが重要なのです。

ピアノは劣化させないようにしましょう

高額で売却できるように
ピアノというのは楽器の中でも高級な楽器です。ですので、買取をしてもらう際にはなるべく高額な金額で売りたいという方がほとんどではないでしょうか。ですが、ピアノの買取金額というのはただ単に放置してあるだけのピアノとちゃんとメンテナンスしてあるピアノでは買取の金額が大きく変動してくることだけは覚えておいたほうがいいでしょう。
こちらが有利になるようにピアノを買取してもらうには普段からちゃんとしたメンテナンスが必要なのですが、どのピアノでもいいというわけではないのです。

大事にしてあるピアノは高額で買い取りしてもらえます。
ピアノを買い取りしてもらう金額はメーカーや機種によって変わってくるのですが、ピアノの状態が良いのか悪いのかというのも重要になってきます。たとえばですが、最高級なピアノであっても調律も行わず弦は緩んだ状態で響板が割れて音が鳴らない状態のピアノより、リーズナブルな値段ではあるがちゃんとメンテナンスしてあるピアノのほうが買取の金額は高額になるのです。ですので、最高級なピアノを買い取りしてもらいたいのであればその前に一度状態を確認することをおススメします。

査定をしてもらうことをおススメします。
ピアノの買取を依頼するのであれば、一度査定をしてもらってみてはどうでしょうか。査定が必要であれば複数の業者に一括見積もりをしてもらうことをおススメします。複数の業者に査定をしてもらうことによって、良い条件で買取してもらう業者を探すことが可能ですよ。

使わなくなったピアノを所持する弊害

【古いピアノを所有しているご家庭は多い】
年月の経過に伴い、人の生活で必要な物は移り変わります。ピアノはその代表と言えるかもしれません。小さい頃、習い事としてピアノのレッスンに通っていた方は多いでしょう。しかしその中で、社会人になってもピアノを続けているという人は少数派ではないでしょうか。中学・高校・大学と進学する過程の中で、もっと興味を引くものに出会ったり、しなければならないことが多くなったりして、ピアノ練習に使う時間が無くなってしまう方の方が多いと思われます。

【古いピアノは害虫にとって快適な場所】
ピアノを弾かなくなっても、ピアノ自体を所持している方もまた多いと思われます。ピアノは、持ち運ぶには重すぎる楽器ですので、邪魔だなと思いつつもずっと部屋の一角に置きっぱなしにしているのではないでしょうか。実は、ピアノを放置するのは危険なことです。なぜなら、ピアノには木材がふんだんに使用されており、かつ四方を囲まれているため、害虫にとっては恰好の住処となるのです。長年放置されているピアノ内部には塵や埃が堆積して不衛生な状態ですので、害虫が発生する条件は満たしていると言えます。

【古いピアノを手放すには】
使用しなくなったピアノは、ピアノ買取サービスを利用して処分するというのも一つの手です。通常の粗大ゴミとして出すためには、まず集積所までピアノを運ばなければなりません。これは大変な重労働です。また、不用品回収業者を利用するとなれば結構な費用がかかるでしょう。ピアノ買取サービスであれば、ご自宅までピアノを引き取りに来て貰えるばかりか、まだそのピアノに価値があれば買い取って貰える可能性もあるのです。古いピアノを処分されたい方は、ピアノ買取サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

ピアノ買い取りのコツは?

ピアノを処分する状況とは
数ある楽器のなかでも、一際存在感を放つピアノ。ピアノを弾かない方でも、学校にピアノがあって少しは触れる機会があったのではないでしょうか。また、ピアノを習っている・趣味で弾いているという方はご自宅にピアノがあることでしょう。綺麗な音色で私たちを楽しませてくれるピアノですが、時には処分しなくてはならないこともあります。例えば、壊れてしまった・引越し先に持っていけない・新しいピアノを買うといった時です。そして、ピアノの所持者が迷われるのが廃棄処分するか、ピアノ買い取りに出すか。ピアノ買い取りに出すにしてもご自分のピアノがどれくらい価値があり、どの買い取り金額なら妥当なのか頭を悩ませるのではないでしょうか。

ピアノ買い取りのコツ
ピアノ買い取りをお考えでしたら、まずはピアノの状態を確認しておきましょう。調律をしていなくてもピアノ買い取りをしてもらえる場合がありますが、業者によっては買い取り価格に影響することもあります。定期的なメンテナンスとして調律をしていれば、ピアノ買い取りの前に改めて調律しなくてもいいかもしれません。次に、付属品を揃えておくことが大事です。ピアノ買い取りに関わらず、物を買い取りに出す際には、付属品の有無で買い取り価格に差がでることが多いです。ピアノ買い取りであれば、椅子・ピアノカバーなど。最後に、ピアノ買い取りに出す前にはホコリや汚れを綺麗にしておきましょう。綺麗な状態であるほうがピアノ買い取りの価格がよくなります。

キズは補修すべきか?
ピアノ買い取りに出す際は、調律をする・付属品を揃える・綺麗な状態にしておくことが大事とご紹介いたしました。綺麗な状態にしようと、キズをご自分で補修される方がいらっしゃるかもしれませんが、簡単に補修できるキズ以外はそのままにしておいたほうがいいでしょう。大きなキズは補修跡が目立ち、かえって見栄えが悪くなりピアノ買い取り価格が下がることもあります。そして、ご自分が納得できる価格で売却するためには、ピアノ買い取りをしているいくつかの業者に見てもらうといいでしょう。